合気

身体練磨の先にあるのが「合氣」

合気とは

【相手の身体の自由を奪う技術】として認知されておりますが・・・

では相手を目の前にして「強く念じる」ことや、なんらかの「呪文」や「念仏」を唱えることによって自由を奪うことが出来ればそれは合氣なのか?

私はそうは思いません。

武道・武術である以上、身体練磨によって得られるチカラや感覚、それらの土台がしっかりしていてこその「合氣」なのであると私は思います。

よってうちの道場ではしっかりと足腰の鍛錬を含め、体幹の養成をいたします。

ただその方法が筋力主体の鍛錬ではなく、氣の働きを活かすための身体造りであるということ。

 

私たちにとって

相手が不思議に崩れる等の結果(技)は

不思議な技を求めて特別なことをした訳ではなく

しっかりと地に足付けて足腰や体幹を意識した身体造り、練磨した結果なんですよねぇ・・・

 

大東流合気柔術 無限道場

道場長 竹内 研二

http://www.mugen-dojo.com/

https://www.facebook.com/aiki.mugen/

にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村

 

氣を直線的に表現する

直線

無限道場の求める合氣は

「氣を直線的に表現したもの」です。

稽古はただひたすらに東西南北に天地を加えた六方向の”直線的”な動きを求めます。

円の動作を捨てる稽古、練磨によって僅かな変化、僅かな違いを感じ取る感覚を磨くのが目的でもありますが、何より直線的この感覚が身に付いてくると、円の動きがとにかくもどかしく感じるようになってきますよ。

こういう稽古してますんで、道場生の皆さんからは「ホントに細かいおっさんやなぁ」そう思われてるかもしれません。(笑)

いやホントねぇ、直線的な動きって何よりシンプルなんですよね。

その先の可能性まで信じてやまないもんで・・・。

完全に魅了されてますな。

 

大東流合気柔術 無限道場

道場長 竹内 研二

http://www.mugen-dojo.com/

https://www.facebook.com/aiki.mugen/

 

にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村

 

無限道場の求める合氣とは人の”在り方”です。

無限道場で求める合氣とは人の”在り方”です。

稽古を通じて

謙虚で驕らず高ぶらず

目の前の一つ一つを丁寧に、精妙に。

その積み重ねがやがては大きなチカラとなる事を信じ求めています。

技としての合氣(相手に不思議な技が掛かる)云々というのは

あくまでその表面化された一端に過ぎないというか、

逆に不思議な技が使える使えないなんかどうでもよいとさえ思えます。

氣や合氣の可能性はそんなもんじゃない

私はそう思っています。

 

大東流合気柔術 無限道場

道場長 竹内 研二

http://www.mugen-dojo.com/

 

「どんくさい人」大歓迎!!

今から何年前に読んだかなぁ・・・

漫画「拳児」に登場する”どんくさい少年”の逸話が今でも頭から離れない。

*尚雲祥という実在の人物がモデルらしいです。

物覚えがよくなく、周囲の中でただ一人、初歩で習う「崩拳」という技の練習のみをひたすら行い、やがては凄い達人になるというエピソード。

一つのことに集中してそれを突き抜けた結果、その他の多くの事も習得できる基礎が身に付くというようなお話であろうと思います。

私はこういう在り方を理想としています。

私たちの稽古において初歩の段階から求められるもの。

立つことだったり、指先を使うことだったり、開くことだったり・・・。

その中のたった一つでもやり込んでみれば解ります。

やり込んで何かを突き抜けた人は「質問」が変わります。

中途半端にやっている人は「有名な先生がこう言っていた」とか、「〇〇先輩からこう言われた」とか、他者の体験から出た言葉を自分の軸に置いてしか質問する事が出来ませんが、体験を持って出てきた疑問、質問には本人から湧き出た真実があります。

そして私はこう思います。

「氣」・「合氣」を目指す人はこうあるべきであると。

何故ならその場その場で都合よく、色んな事を混ぜてやっていても

突き抜けられないからです。

無限道場は「どんくさい人」大歓迎なのです。

 

大東流合気柔術 無限道場

道場長 竹内 研二

http://www.mugen-dojo.com/

 

求道者の合気とビジネス合気

youtubeの”あなたへのおすすめ”にも全く紹介されないくらい、日頃は武道、武術系の動画を見ないのですが、久しぶりに”合気”と検索してみる。

何か以前にも増して色んな方々が”合気上げ”などの動画をupしておられます。

そこで私が思ったのは

合気には

求道者が求める合気

ビジネス合気とがあるような。

前者は純粋に武道、武術の技として深奥を求めるもの。

後者は商売のネタとしての合気。

そのうち”合気”を使った自己啓発なんてのも出てきかねない。(笑)

 

関連記事

—————————————————————————–

私の懸念は『勘違い』されること

 

大東流合気柔術 無限道場

道場長 竹内 研二

http://www.mugen-dojo.com/