大東流の基本稽古で重要なのは

「合気揚げ」

そう思われている方も多いのではないでしょうか。

もちろん合気揚げの稽古は重要ですが、

私は何より

体捌き/突き技の受け に

重きを置いています。

相手の攻撃を捌き、制する事ができなければ、

自分の技も何もありません。

これは突き技でなく合気揚げのように掴まれた時の技でも同じことで、両手首を掴まれた時に相手を制する事ができなければ、金的をくらう、頭付きをくらう、肘うちをくらう・・・

武術である以上当然のことですが次はありません。

いくら合気揚げの高い技術があろうと何も出来なければ意味がないのです。

”合気揚げで相手を揚げる”基本的なものであれば要領さえお伝えすえば比較的簡単に誰でも揚げる事が可能です。

しかし、攻撃してくる相手を捌く、制する事は容易ではありません。

体捌き、相手を制すること

”次に繋げる”

ための稽古が重要なのだと私は思います。

 

大東流合気柔術 無限道場

道場長 竹内 研二

http://www.mugen-dojo.com/