「力が要らない」とは?

合気は力が要らない

似たような表現を目にしたことがあると思います。

では、「力が要らない」とはどういう状態を指すのでしょうか?

これには様々な捉え方があると思いますが、

私たちの道場では「力の状態を超える」もしくは「力の状態を卒業する」という捉え方をして、それに伴った身体造りをしています。

火事場の馬鹿力といいますか、ターボがかかった状態とでも言いますか・・・

自分でも「力」を使っている実感が湧きにくい状態を指して

「力が要らない」状態と言えると思っており、その状態になってはじめて「氣の状態」、「合気の入口」であると考えます。

これは決して楽ではありませんが、己を高めているという

確かな実感がありますよ。

 

大東流合気柔術 無限道場

道場長 竹内 研二

http://www.mugen-dojo.com/

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA