何故、脱力や弛緩を求めないのか

私は何故、脱力や弛緩を求めないのか

想像してみて下さい。

”究極に脱力している身体”

”究極にゆるんだ身体”を・・・

何となく想像できる(限界がある)でしょう。

そして一体どんな姿が想像できます?

 

だから無限道場では逆に”身体を活かす”ために働きかけるんです。

なぜなら、”究極に活かした身体”って私には想像できないし、求め続ける間は限界がないと思っているからです。

そして、身体を活かす方向に努めていく過程の身体

程よく無駄な力みの抜けた”自然体”へと変わっていくと感じているからです。

 

※”脱力や弛緩”このテーマについては何度でもくどい位に言いたい(笑)

大東流合気柔術 無限道場

道場長 竹内 研二

http://www.mugen-dojo.com/

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA