合気の身体造りは裏切らない

合気は一日にしてならず

合気は一日にしてならず

私にとって稽古とは技術を磨いているというより身体を造っているという意味合いの方が強い。

立ち方、座り方の姿勢を軸に手の向き、足の向き、チカラの入れ方や使い方などなど、稽古を通して気づかされ微調整を繰り返してまた練磨・・・そうやって合気に必要な基礎体力を付けていってるように思います。

無限道場でいう合気は「速修」が可能な崩しの技術論ではありません。

しかし前述の通り「合気に必要な基礎体力」に”技”は大きく比例するのです。

もちろん老若男女、体格の大小や力の有無は関係なく、どんな方でも稽古は可能であり、合気の稽古練磨を通して今までに味わったことのないようなチカラの使い方を経験していただけることと思います。

 

昨今の流行りの言葉

「筋肉は裏切らない」にもじって言うならば

「合気の身体造りは裏切らない」といったところですかね。

 

※筋トレではなく氣トレですのでムキムキ、バキバキは期待できませんがね。(笑)

 

大東流合気柔術 無限道場

道場長 竹内 研二

http://www.mugen-dojo.com/

https://www.facebook.com/aiki.mugen/

https://www.instagram.com/aiki_mugendojo/

にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ

にほんブログ村

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA