求めるのは”崩れない美しさ”

前回紹介させていただいた動画

”突き崩し 合気上げ/合気上げに繋がる基本稽古”

でも触れましたが、私達が稽古で求めるものは

”崩れない”ということ。

私は武術を求める上で”崩れない美しさ”というのも必要だと思うのです。

相手に技を掛ける上で、どんな姿勢になろうが相手を崩せばよい、投げればよいというのでは見た目にも「格好よくない」ばかりか、まず大きな身体が出来ない。

皆さん想像してみて下さい。

昔の日本の侍、剣豪の姿

当然私も実際にはお目にかかったことはありませんが、

姿勢の悪い剣豪って想像できます?

大東流合気柔術 無限道場

道場長 竹内 研二

http://www.mugen-dojo.com/

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA