気と身体

『チカラ』は抜くものでも弛めるものでもなく伝え方一つであると考えます。

これは『チカラ』というエネルギーの伝え方を表したものです。

氣の働きを主にした合氣を求める我々にとって『チカラ』とはエネルギーの働きなのであり、肉体はその媒体であると考えます。よって力を抜く、弛めるといった考えはなく、いかにしてその働きを妨げないように伝えるかが重要なのです。

氣というエネルギーの働きの本質を理解し、肉体をその媒体として磨いていくことが我々の合氣の稽古。

そしてこれらには心の在り方と精妙な稽古が大きく関わっているのです。

 

大東流合気柔術 無限道場

道場長 竹内 研二

https://www.mugen-dojo.com/

https://www.facebook.com/aiki.mugen/

https://www.instagram.com/aiki_mugendojo/

にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ

にほんブログ村

 

目には観えないけれど複雑に絡んだ糸が・・・

今回の年末年始休暇は12/28(土)の午後から本日1/5(日)まで。

2019年は仕事上のこと、個人的なこと・・・

色んなことが複雑に絡み合って、その分疲れが倍々に。

過去に経験したことの無いような疲れ方でしたので、「ようやく終わったぁぁ」というのが本音でしたね。(笑)

 

休日中の体感としては

2019年度?に溜まった”肉体的”な疲れがとれるまでに約3日~4日

そしてようやく”精神的”な疲れというか思考と心がスッキリし始めたのが今朝という感じです。

何だろう複雑に絡み合った状態の糸がようやくとけたような感じとでも言いましょうか。

「人は生きる上で目には観えない色んなものを纏い、それらが心身に与える影響はかなりデカイ」そう強く実感させられる機会だったような気がします。氣の世界も同じですよね。

それと同時に自分というものを常にシンプルに保っておくことの重要性を再度痛感させられました。

 

何はともあれ明日からの2020年度の開幕に間に合ってよかった。

 

大東流合気柔術 無限道場

道場長 竹内 研二

https://www.mugen-dojo.com/

https://www.facebook.com/aiki.mugen/

https://www.instagram.com/aiki_mugendojo/

にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ

にほんブログ村

 

突き抜けるための熱量

大東流合気柔術 無限道場 2019年度合宿 宮崎県

私たちの稽古目的は

肉の身体動作、感覚を昇華させること。

それが「氣」の状態であると考え、無限道場の合氣のベースとしています。

そこには肉によるチカラの状態を脱するための稽古が必要となってくるのですが・・・

この作業を例えるならば

身体の上に技術を塗り重ねる、染み込ませるというよりは

身体の内側から幾重にも重なった何かを突き破るような感覚の方が近いように思います。

シンからの叫び(心から?芯から?真から?)の叫びとでも言いましょうかね。

自分の殻を突き破ることの繰り返しのような感じがします。

 

我々が求めるのは柔ら

表面上の肉体動作が柔らかく見えても

そこに働く中身が柔らかくなければ意味がないということです。

何かを突き抜ける

そこには

熱量が必要ですよね。

 

大東流合気柔術 無限道場

道場長 竹内 研二

https://www.mugen-dojo.com/

https://www.facebook.com/aiki.mugen/

https://www.instagram.com/aiki_mugendojo/

にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ

にほんブログ村

 

「令和」改元を初めて実感

2019允許状

改元後初となる本年度前期の昇級、昇段審査会。

私、今回の允許状の準備で初めて「令和元年」となったことを実感しています。(遅い!!)

5月の改元はもちろん知っています。そして以降いろんな場面で書類に記入する際などに自分自身で書いてます

「令和」

しかしなんだろう、滅多に書かない筆文字で令和元年と書いたことで初めて腑に落ちたというか、実感したというか・・・頭で理解していることがようやく身体に沁みたという感じです。

ボールペンやえんぴつで気軽に書いている文字と、わざわざ筆や墨を用意して気持ちを込めて書いた文字との違いとでもいうべきですかね。

そこで働いている「氣」が違うのでしょうね。

我々が日頃稽古している合氣にも同じことがいえると思いますね。

一瞬一瞬の動作を大切に心を込めるように稽古を重ねることで身に付いていく「何か」があり、その「何か」が身体の芯まで沁みて初めて漏れ溢れてくるという訳です。

だから氣の稽古は面白い!!

 

大東流合気柔術 無限道場

道場長 竹内 研二

https://www.mugen-dojo.com/

https://www.facebook.com/aiki.mugen/

https://www.instagram.com/aiki_mugendojo/

にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ

にほんブログ村

 

合気の身体造りは裏切らない

合気は一日にしてならず

合気は一日にしてならず

私にとって稽古とは技術を磨いているというより身体を造っているという意味合いの方が強い。

立ち方、座り方の姿勢を軸に手の向き、足の向き、チカラの入れ方や使い方などなど、稽古を通して気づかされ微調整を繰り返してまた練磨・・・そうやって合気に必要な基礎体力を付けていってるように思います。

無限道場でいう合気は「速修」が可能な崩しの技術論ではありません。

しかし前述の通り「合気に必要な基礎体力」に”技”は大きく比例するのです。

もちろん老若男女、体格の大小や力の有無は関係なく、どんな方でも稽古は可能であり、合気の稽古練磨を通して今までに味わったことのないようなチカラの使い方を経験していただけることと思います。

 

昨今の流行りの言葉

「筋肉は裏切らない」にもじって言うならば

「合気の身体造りは裏切らない」といったところですかね。

 

※筋トレではなく氣トレですのでムキムキ、バキバキは期待できませんがね。(笑)

 

大東流合気柔術 無限道場

道場長 竹内 研二

http://www.mugen-dojo.com/

https://www.facebook.com/aiki.mugen/

https://www.instagram.com/aiki_mugendojo/

にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ

にほんブログ村