大東流合気柔術

相手を真上に上げ崩して肩に担ぐ

相手を真上に上げ崩して肩に担ぐ

我々の稽古目的はその技を通じて最適な身体の動きを身に付けること。

もちろん直線的な動作を求めています。

「何でこんなヘンテコな稽古するんだ」

「今時こんな技使うのか?」

などというご意見も聞こえてきそうですが、

ちゃんと意味があってこんな稽古をしている訳です。

 

大東流合気柔術 無限道場

道場長 竹内 研二

https://www.mugen-dojo.com/

https://www.facebook.com/aiki.mugen/

https://www.instagram.com/aiki_mugendojo/

にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ

にほんブログ村

 

 

第5回合宿に行ってきました。

2018合宿

第5回合宿に行ってきました。10/13(土)14(日)

菊池渓谷~吉無田高原~阿蘇草千里~九重長者原

 

日常の生活に追われて写真整理などサボっていたら、もう一週間が経ってしまってました。

ホント早いもんです。

無限道場の合宿は”遊び”がテーマなので道着は要りません。

とにかく遊び、エネルギーをいっぱい使うことが目的なのです。

おかげさまで二日間とも晴れてくれましたので、思いっきり発散できたのではないかと思います。

皆でボールを追いかけて遊ぶ、しゃぼん玉を飛ばす、ブーメラン、凧揚げ、夜は花火。

おなか一杯です。

 

その他写真は無限道場第5回合宿の模様

https://www.mugen-dojo.com/gassyuku/

大東流合気柔術 無限道場

道場長

竹内 研二

http://www.mugen-dojo.com/

https://www.facebook.com/aiki.mugen/

https://www.instagram.com/aiki_mugendojo/

 

にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ

にほんブログ村

この業界のここがキライ!!

自分自身がこの”業界”に身を置いておいてこういう事を書くのもなんですが・・・

ホント大東流合気柔術って他の会派や道場を否定するのが好きなんですよね。

「自分たちのやってる事こそが本物、本流であり、他は偽物、亜流である。」と否定するみたいなね。

特にちょっと怪しく見える合氣の技なんかは否定されますね。

「あんなのは大東流の技にはない」

なんてね。ホント閉鎖的ですね。

 

私ねぇ

”業界”に流れるこの考え

ホント

大キライなんですよ。

こんな考えで業界が発展するとは思えないんでね。

 

大東流合気柔術 無限道場

道場長 竹内 研二

http://www.mugen-dojo.com/

https://www.facebook.com/aiki.mugen/

https://www.instagram.com/aiki_mugendojo/

にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村

真直ぐに聞くこと

上達の秘訣は何ですか?

と聞かれれば今はこう答えます

真直ぐに聞くこと。

これってねぇ簡単なようで案外難しいんですよ。

自分の経験や知識が邪魔してすんなり聞くことができない。

そういう人って多いと感じます。

でもね不思議なもんで、我々の稽古は直線的で真直ぐな動作を稽古するからか、捻くれた人や素直じゃない人でもだんだんと真直ぐに聞くことができるようになってくるんです。

上達の妨げであり、最初の大きな難関かな。

 

私もこの稽古でかなり性根が真直ぐになってきたと思います。

「性根を叩き直したい!!」そんな方は是非、無限道場へ(笑)

 

——- 関連記事 ——-

腐った性根を叩き直す

技に”心根”が表れる

大東流合気柔術 無限道場

道場長 竹内 研二

http://www.mugen-dojo.com/

https://www.facebook.com/aiki.mugen/

にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村

 

異端の合氣

大東流合気柔術

様々な会派、道場に分かれて活動しておられます。

正統派、正統伝承者、正伝、〇〇先生の流れを汲む・・・

体系化されたものをキチンと稽古しておられる方々からすれば、我々のように合氣に特化した道場は”イロモノ”として映るのかもしれませんね。

しかも私のように、「師範」や「皆伝」といった称号を何も得ぬまま飛び出して独立したような、何処の馬の骨とも解らぬような奴の道場は”イロモノの異端”なのかもしれませんね。(笑)

異端の合氣で結構!!

 

大東流合気柔術 無限道場

道場長 竹内 研二

http://www.mugen-dojo.com/