合氣=不思議な現象を起こす技法

なんて捉え方をされている方も多いのではないでしょうか?

ユーチューブなどで紹介されている動画などを見ても、受けを取っている方がえび反りに崩れたり、声を上げて悶絶したりと、一見摩訶不思議に見えるものが多いですね。

私もその大東流の合氣を探究する者の一人ですが、私は合氣というものをこう捉えています。

本質を掴もうと挑む者、真を求める者に与えられる”ご褒美”とでも言いましょうか・・・。

あくまで本質の”一部”、真の”一部”なのだと思います。

道場での稽古を通じて不思議に感じることがあります。私としては平等に道場生の方に指導しているつもりなのですが、不思議な技(現象)ばかりを求める人には何も届いていかないというか・・・。

しっかりと基本の稽古に励み、道場で求められるものの本質を掴もうとする人以外には、結果として手の内は明かしていないように思えます。

本質を掴もうとしてくる人、その思いが純粋で、ある程度話が通じるようになってきたと感じた人には私の思う合氣を試してみたくなるが、不思議な技(一部)ばかりを求めてくる人や、話を聞こうとしない人には見せることも試すこともしないという訳です。

そういった意味では私が合氣を試したのはほんのごく一部の人。

現時点で退会した人には誰一人として私の合氣を体験した人、またはその場を見せた人もおられないというのもまた不思議なのですが・・・。

※もちろん一般講習会などでは試すことはありません。

関連記事

相手が不思議に崩れても、ちっとも面白くない

これを”合気”と勘違いされる方もおられるでしょうね

 

大東流合気柔術 無限道場

道場長 竹内 研二

http://www.mugen-dojo.com/