姿勢

やってはいけない三大ポーズ

やってはいけない三大ポーズ

決してツヤ付けている訳ではありません。

これはうちの道場内で”やってはいけない”三大ポーズです。

指導員がもしこのポーズ決めていたら即刻資格はく奪というもの。

教える者の姿勢でもなければ、学ぶ者の姿勢とも思えませんのでね。

 

※ツヤ付ける(博多弁でカッコつける)

大東流合気柔術 無限道場

道場長 竹内 研二

http://www.mugen-dojo.com/

https://www.facebook.com/aiki.mugen/

にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ

にほんブログ村

 

「名は体を表す」ということわざになぞらえて「体は氣を表す」

姿勢|大東流合気柔術 無限道場

名は体を表す

【名は体を表すとは、名前はその物や人の性質や実体をよく表すものだということ。】

ということわざになぞらえて

体は氣を表す

【体(姿勢)の在り方は氣の働きを表す】

弛んだ姿勢は弛んだ氣を表し、ハリのあるビシッとした姿勢は活き活きとした勢いを表す。私はそう感じます。

という意味では

氣は体を表す

とも言えます。身体に活きた氣が満ちてくれば弛んだ姿勢にはならないはずです。

無限道場では活きた氣が働くように身体を鍛えます。氣の働きがよくわからないという初心者の段階から形を整えるのです。姿勢の悪い人が正しい姿勢、勢いのある姿勢を保つことは容易ではありません。日々意識することの積み重ねで活きた身体は出来上がっていくのですから・・・

※写真の解説、氣の働きについては

https://ja-jp.facebook.com/aiki.mugen/

 

大東流合気柔術 無限道場

道場長 竹内 研二

http://www.mugen-dojo.com/

 

にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村

 

身体中を流れる風

気流 ということばがありますが、

これは人の身体にも言えること。

身体の在り方一つで身体を流れる風が変わり、

その流れを上手く掴めれば、

驚くほどに軽く、力が要らない。

重要なのは、身体を流れる風を安定させ、

更に風量を増すための身体造り、練磨が要る。

そして何より私が感じることは

筋力に頼っている間は決して風は吹かず

ゆるんだ身体では強風は吹かない。

あくまで私論ですが・・・

 

大東流合気柔術 無限道場

道場長 竹内 研二

http://www.mugen-dojo.com/

にほんブログ村 格闘技ブログ その他武術・武道へ
にほんブログ村


武道 ブログランキングへ

真に何かを身につけるには?

真に何かを身につけるとは

まずそのことを”日常化”すること

から始まるのだと思います。

「合気を身につけたい」と思った場合、

もし、日々の会社勤め、仕事が日常で

道場に通うことが「非日常的」であると捉えているならば、

今すぐに日常に時間を作り、一人稽古を採り入れてみて下さい。

姿勢に気を付けることでも基本動作を稽古することでもよし。

やろうと思えばどこでも出来ることがたくさんあります。

「何だ簡単なことじゃないか・・・」

そう思えるかもしれませんが、それを継続して

何気ない自分の日常にしてしまうことが大変なんです。

自分の日常にあるものでなければ

真に身につくとは思えません。

 

大東流合気柔術 無限道場

道場長 竹内 研二

http://www.mugen-dojo.com/

にほんブログ村 格闘技ブログ その他武術・武道へ
にほんブログ村


武道 ブログランキングへ

無限道場最高齢79歳「ビシッ」と立つ

無限道場稽古風景2014年4月28日

写真左の男性は無限道場最高齢79歳のWさん。

今年で入門から6年目を迎え、益々元気に励んでおられます。

私たちの道場では相手に効率良く技を掛けることよりも、崩れない身体(土台)造りを稽古目的の最優先としておりますので、しっかり立ち、しっかり座ることが何より求められます。

写真は立ち技の合気揚げ稽古風景です。

昨晩4月28日の稽古中「ビシッ」とした立ち姿をしておられたので、思わずiPhoneを取りに行き写真を撮りました。

いくつになっても合気修行は可能であるという事を証明して下さるかけがえのないお一人であり、「今後が益々楽しみです」

 

大東流合気柔術 無限道場

道場長 竹内 研二

http://www.mugen-dojo.com/

にほんブログ村 格闘技ブログ その他武術・武道へ
にほんブログ村


武道 ブログランキングへ