合気揚げ

合気揚げの本質

合気上げ(揚げ)

ユーチューブで検索すると相当な数の動画がアップされていますね。

その中の大多数が”いかに相手を上げるか”上がってナンボといった目的のものが多いような印象を受けてしまうのは私だけでしょうか?

ちょっと待って。それって何か本質から逸れてない?

そもそも合気上げは健康体操ではありません。武術の稽古なのです。上手く相手が上がる、軽く相手を上げるというコツよりも重要なことをお忘れではありませんか?

相手に両腕を掴ませるという行為がいかに危険であるか。

無防備、無抵抗な相手が掴んだ状態のものをいくら上げたところで、それで武術として使える感覚が養われるとは到底思えません。

掴んだ相手が次に仕掛けてくるのは、まずそのまま掴んで抑え込むという行為や引き込み、金的、頭突き、その他・・・。それらの二次攻撃をしっかり防げて(一切の隙を与えない)初めて役に立つのです。

「相手が上がった」と思った瞬間に、激しい金的を打たれて悶絶!!

なんて事にならないように、先人たちは研鑽を重ねてきた訳です。

その意味を理解せず、ただ自己満足のように相手を上げてみたところで、何の意味もないし、ただ相手を上げる技術だけを磨いても何の役にも立たないと私は思うのです。

武術を志す者の稽古としては

簡単に自分の間合いに相手を入らせるという感覚そのものがあり得ないのです。

そういう目で動画をよく観てください。

「あなたそこでキン〇マ蹴り上げられてるよ」と突っ込みたくなるもの

多いですよ。

※私たちの稽古にあるものは”やられないための稽古”なのです。

 

大東流合気柔術 無限道場

道場長 竹内 研二

http://www.mugen-dojo.com/

 

体捌きの重要性

ユーチューブで「合気上げ」と検索すると、

たくさんの動画が紹介されていますね。

私的には「合気上げ」は大東流独特の鍛練法だと捉えていましたが、最近では空手や他流派、気功?の方まで稽古に取り入れてあるのか人気があるみたいですね。

で、合気上げももちろん大事な基本鍛練法ですが、本日私が触れたいのは

「体捌き」 について

主な基本技は上段、中段突きに対する体捌き。

相手の攻撃にただ真っ直ぐに入り、かわすという非常にシンプルな動作なのですが、これがまた難しい。

大東流は剣術から来ているといいますが、この体捌きは

無刀で剣を捌くといった動作そのものであると思っております。

護身を目的として稽古を積んでいる我々にとっては、

相手の攻撃をしっかり捌けないとその後の技に繋がらない。

基本中の基本として特に体捌きを重要視しております。

ここで合気上げの話に戻りますが、

いくら相手を上げる技術を高めても

その間に金的や頭付きを食らってしまうようでは

武術として全く意味がないということも付け加えておきます。

 

大東流合気柔術 無限道場

道場長 竹内 研二

http://www.mugen-dojo.com/

にほんブログ村 格闘技ブログ その他武術・武道へ
にほんブログ村


武道 ブログランキングへ

無限道場最高齢79歳「ビシッ」と立つ

無限道場稽古風景2014年4月28日

写真左の男性は無限道場最高齢79歳のWさん。

今年で入門から6年目を迎え、益々元気に励んでおられます。

私たちの道場では相手に効率良く技を掛けることよりも、崩れない身体(土台)造りを稽古目的の最優先としておりますので、しっかり立ち、しっかり座ることが何より求められます。

写真は立ち技の合気揚げ稽古風景です。

昨晩4月28日の稽古中「ビシッ」とした立ち姿をしておられたので、思わずiPhoneを取りに行き写真を撮りました。

いくつになっても合気修行は可能であるという事を証明して下さるかけがえのないお一人であり、「今後が益々楽しみです」

 

大東流合気柔術 無限道場

道場長 竹内 研二

http://www.mugen-dojo.com/

にほんブログ村 格闘技ブログ その他武術・武道へ
にほんブログ村


武道 ブログランキングへ

目先のちっぽけなコツを求めない。

「合気上げ」

無限道場では合気上げの稽古を

合気に繋がるための基礎的な身体造り、

「基礎鍛練法」の一つとして位置付けています。

受けの方にがっちり掴んでもらい、負荷の掛った状態で相手を上げる稽古。

受けもまた、容易に上げられまいとしてしっかり押さえる稽古。

受けと捕り、相互にとって身体を練磨するための稽古法なのです。

ここで私が重要だと思うのが、

目先のコツを求めないこと。

ネット上では「合気上げ」を簡単に上げるためのコツについて触れてある所もあるようですが、私たちにとっては鍛練法なので、容易に相手を上げる必要もなく、また相手が簡単に上がるようでは稽古にならないんです。(笑)

基本に沿って身体を使うことに努め、身体に必要な要素が備わってくればそのうちコツに行き当たります。

基本通りに黙々と練磨するのが一番。

自分で掴んだコツはその他にも十分応用が効きますが、

人から聞きかじったような目先のコツは

所詮付け焼刃に過ぎないと思います。

目先のちっぽけなコツを求めるより、

努力によってコツを身に付けた将来の自分の方が

数倍大きなものを得ているのではないでしょうか・・・

 

大東流合気柔術 無限道場

道場長 竹内 研二

http://www.mugen-dojo.com/

にほんブログ村 格闘技ブログ その他武術・武道へ
にほんブログ村


武道 ブログランキングへ

合気揚げも重要ですが・・・

大東流の基本稽古で重要なのは

「合気揚げ」

そう思われている方も多いのではないでしょうか。

もちろん合気揚げの稽古は重要ですが、

私は何より

体捌き/突き技の受け に

重きを置いています。

相手の攻撃を捌き、制する事ができなければ、

自分の技も何もありません。

これは突き技でなく合気揚げのように掴まれた時の技でも同じことで、両手首を掴まれた時に相手を制する事ができなければ、金的をくらう、頭付きをくらう、肘うちをくらう・・・

武術である以上当然のことですが次はありません。

いくら合気揚げの高い技術があろうと何も出来なければ意味がないのです。

”合気揚げで相手を揚げる”基本的なものであれば要領さえお伝えすえば比較的簡単に誰でも揚げる事が可能です。

しかし、攻撃してくる相手を捌く、制する事は容易ではありません。

体捌き、相手を制すること

”次に繋げる”

ための稽古が重要なのだと私は思います。

 

大東流合気柔術 無限道場

道場長 竹内 研二

http://www.mugen-dojo.com/

にほんブログ村 格闘技ブログ その他武術・武道へ
にほんブログ村