合気道と大東流の”合氣”【我々の稽古には関節技がありません。】

【我々の稽古には関節技がありません。】

私もほんの僅かな期間ですが合気道の経験があります。小手返しや二教の極めその他、関節を極められる技の稽古はとても痛い。その場で一瞬痛いだけならまだしも、”先輩の意地”みたいなものをぶつけられた日には回復するのに数日から数週間かかる程のケガとなってしまうこともある。

そのため技に対応する柔らかさを身に付けるのが目的なのか、皆さん手首を曲げるストレッチ?をやっておられたのを記憶しています。

それが大東流の”合氣”の稽古を始めてからというもの、全く関節技を稽古しないばかりか、逆に”関節技を容易に極められないように”強靭な手首を鍛えることを始めました。

合気道と大東流の”合氣”

ここら辺の発想はホント全く違うと思いますね。

(どちらが良い悪いということではなく好みの問題だと思いますが)

そして現在無限道場で求めている稽古は、とにかく相手を傷めないこと。

相手を掴む時、投げる時・・・

丁寧に丁寧に接することを求めます。

その結果、受けた相手から帰ってくる言葉は

「心地良い」、「気持ち良い」という言葉。

私自身、大東流の合氣が闘うことしか目的に出来ないのなら、相手を傷めることしか出来ないのなら・・・

とうの昔に辞めてます。

最強を目指すために合氣をやっている訳ではなく、己に向き合うために稽古していますし、何より相手を傷めなくてもお互いの心身や感覚は鍛えられますのでね。

 

大東流合気柔術 無限道場

道場長 竹内 研二

http://www.mugen-dojo.com/

https://www.facebook.com/aiki.mugen/

にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村

 

親の仇のように開いて!!


 

この動画はうちの基本中の基本であり、合氣揚げに繋がる「突き崩し」の稽古です。

掌を指の先端まで大きくしっかりと開き、相手を突き崩す。

この技に限らず、全ての技の稽古において「開く」ことが求められます。

そこで稽古中によくこう聞かれます。

「どのように開けばよいのですか?」

いわゆる”コツ”を求められる訳ですけども、それに対する私の答えはこうです。

「親の仇のように開いて!!」

要はコツなんか求めずに思いっきり開け!!ということです。

少々乱暴に聞こえるかもしれませんが、目先のコツなんてその場しのぎの一時的なものに過ぎない。

何より

「コツは自分で掴むもの」私はそう思っていますので、「テクニックに走らず気持ちでぶつかれ」ということをお伝えしたいのです。

 

——- 関連記事 ——-

目先のちっぽけなコツを求めない

 

大東流合気柔術 無限道場

道場長 竹内 研二

http://www.mugen-dojo.com/

https://www.facebook.com/aiki.mugen/

にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村

 

真直ぐに聞くこと

上達の秘訣は何ですか?

と聞かれれば今はこう答えます

真直ぐに聞くこと。

これってねぇ簡単なようで案外難しいんですよ。

自分の経験や知識が邪魔してすんなり聞くことができない。

そういう人って多いと感じます。

でもね不思議なもんで、我々の稽古は直線的で真直ぐな動作を稽古するからか、捻くれた人や素直じゃない人でもだんだんと真直ぐに聞くことができるようになってくるんです。

上達の妨げであり、最初の大きな難関かな。

 

私もこの稽古でかなり性根が真直ぐになってきたと思います。

「性根を叩き直したい!!」そんな方は是非、無限道場へ(笑)

 

——- 関連記事 ——-

腐った性根を叩き直す

技に”心根”が表れる

大東流合気柔術 無限道場

道場長 竹内 研二

http://www.mugen-dojo.com/

https://www.facebook.com/aiki.mugen/

にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村

 

氣にはハッキリとした法則があります。

氣にはハッキリとした法則があります。

「氣」は目には観えませんが、

その働きには明確な自然の法則(理)がある。

それはあるだろうと仮定したイメージではなく、

しっかりとその働きを実感することができるのです。

これは我々が日々の稽古を通じて肌で実感していることです。

身体の使い方とエネルギーの流れ、

思考や心とエネルギーの関係など・・・

その働きを正しく理解し、

法則に従うように自分を合わせることが何よりの上達の秘訣なのです。

無限道場では「氣」を活かす方向へ向かわせるための稽古を行っています。

氣は活かすも殺すも心身の動作一つ、自分の在り方次第なのです。

そしてもちろんこれは「氣」の可能性の

一端にすぎません。

 

大東流合気柔術 無限道場

道場長 竹内 研二

http://www.mugen-dojo.com/

https://www.facebook.com/aiki.mugen/

にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村

 

股割り3年計画。スタートから早6年

股割り2017年11月

「股割り3年計画」として開脚ストレッチを始めたのが2011年6月。

44歳からスタートして、気付いたらもう50歳。

早いものです。

おかげで今では難なく開脚できるようにはなりましたが・・・

流石にこの域には達していません。(笑)

 

— 関連記事 —

股割り3年計画

続・股割り三年計画

股割り3年計画2年8ヵ月

 

大東流合気柔術 無限道場

道場長 竹内 研二

http://www.mugen-dojo.com/

https://www.facebook.com/aiki.mugen/

にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村