合氣の稽古で人生訓を学ぶ?

我々が合氣の稽古で学んでいることは、身体の使い方や護身の心得であることは言うまでもありませんが、それとは別にというか期せずして学ばされていることがたくさんあります。

それは人生訓とも呼べるような戒めであり、心の姿勢の重要さ。目に前にある”氣の道”、”合氣の道”が困難であるからこそ気づかされるというか見せられるとても大切なモノのような氣がします。まぁ何ともありがたい話です。🤣🤣🤣

 

大東流合気柔術 無限道場

道場長

竹内 研二

http://www.mugen-dojo.com/

https://www.facebook.com/aiki.mugen/

https://www.instagram.com/aiki_mugendojo/
 

にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ

にほんブログ村

着込んでボロくなった道着

ボロい道着

着込んで古くなった道着。

襟元はビリビリ、脇には穴が開き、全体的に生地が薄くなってしまった道着。

これを「年季が入っている」ととらえるか、「小汚い道着」と捉えるか・・・

女性の道場生には不評かもしれませんが、これが柔らかくて着心地が良いのです。

 

大東流合気柔術 無限道場

道場長

竹内 研二

http://www.mugen-dojo.com/

https://www.facebook.com/aiki.mugen/

https://www.instagram.com/aiki_mugendojo/

 

にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ

にほんブログ村

第5回合宿に行ってきました。

2018合宿

第5回合宿に行ってきました。10/13(土)14(日)

菊池渓谷~吉無田高原~阿蘇草千里~九重長者原

 

日常の生活に追われて写真整理などサボっていたら、もう一週間が経ってしまってました。

ホント早いもんです。

無限道場の合宿は”遊び”がテーマなので道着は要りません。

とにかく遊び、エネルギーをいっぱい使うことが目的なのです。

おかげさまで二日間とも晴れてくれましたので、思いっきり発散できたのではないかと思います。

皆でボールを追いかけて遊ぶ、しゃぼん玉を飛ばす、ブーメラン、凧揚げ、夜は花火。

おなか一杯です。

 

その他写真は無限道場第5回合宿の模様

http://www.mugen-dojo.com/gassyuku/

大東流合気柔術 無限道場

道場長

竹内 研二

http://www.mugen-dojo.com/

https://www.facebook.com/aiki.mugen/

https://www.instagram.com/aiki_mugendojo/

 

にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ

にほんブログ村

私が合気を続ける理由?

「あなたは何のために・・・?」

もし今、私が合気の稽古を続けている理由を聞かれたら

こう答えるかもしれません

「将来の自分のために」

まるで「気力の貯金」でもしているかの様な感覚とでも言いましょうか。

不思議なことに気力は使えば使う程、更に大きく貯まって?いくのを実感出来ますからね。(笑)

 

大東流合気柔術 無限道場 道場長

竹内 研二

http://www.mugen-dojo.com/

https://www.facebook.com/aiki.mugen/

https://www.instagram.com/aiki_mugendojo/

にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ にほんブログ村

 

守破離の「守」

守破離(シュハリ)とは

剣道や茶道などで、修業における段階を示したもの。「守」は、師や流派の教え、型、技を忠実に守り、確実に身につける段階。「破」は、他の師や流派の教えについても考え、良いものを取り入れ、心技を発展させる段階。「離」は、一つの流派から離れ、独自の新しいものを生み出し確立させる段階。 とコトバンクにある。

 

今日はこの「守」について

「守」は、師や流派の教え、型、技を忠実に守りとありますが・・・

皆さん「忠実に守る」って出来ていると思いますか?

守破離ではなく、「我破離」や「私破離」、「己破離」になってしまっていませんか?

私が思うに「守」師や流派の教え云々を忠実に守るとは自分の考えを離れ、もしくは捨てて、その教えに素直に従う姿勢が必要なのであり、うちの道場で云えば理合(自然の法則)に従うということなのですが・・・

以外にこの「自分を捨てる」ということが出来ない人、結構多いと思うんですよね。

素直に従っているつもりでもついつい「自分」が出てしまうみたいにね。

特に無限道場で合氣を学ぶことは理合(自然の法則)に従うということ。

人が決めたルールではなく神の定めた法則に従うということなので、そこに少しでも「我」や「私」、「己」のようなものを混ぜると理解できないように思います。

なので私が稽古でやっていることは技を磨くということではなく、いかに「自分」というものを捨てきれるかを求めてやっているつもりでいます。

それでも中々出来ない(捨てきれない)ですからね。

 

大東流合気柔術 無限道場

道場長 竹内 研二

http://www.mugen-dojo.com/

https://www.facebook.com/aiki.mugen/

https://www.instagram.com/aiki_mugendojo/

にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村