守破離の「守」

守破離(シュハリ)とは

剣道や茶道などで、修業における段階を示したもの。「守」は、師や流派の教え、型、技を忠実に守り、確実に身につける段階。「破」は、他の師や流派の教えについても考え、良いものを取り入れ、心技を発展させる段階。「離」は、一つの流派から離れ、独自の新しいものを生み出し確立させる段階。 とコトバンクにある。

 

今日はこの「守」について

「守」は、師や流派の教え、型、技を忠実に守りとありますが・・・

皆さん「忠実に守る」って出来ていると思いますか?

守破離ではなく、「我破離」や「私破離」、「己破離」になってしまっていませんか?

私が思うに「守」師や流派の教え云々を忠実に守るとは自分の考えを離れ、もしくは捨てて、その教えに素直に従う姿勢が必要なのであり、うちの道場で云えば理合(自然の法則)に従うということなのですが・・・

以外にこの「自分を捨てる」ということが出来ない人、結構多いと思うんですよね。

素直に従っているつもりでもついつい「自分」が出てしまうみたいにね。

特に無限道場で合氣を学ぶことは理合(自然の法則)に従うということ。

人が決めたルールではなく神の定めた法則に従うということなので、そこに少しでも「我」や「私」、「己」のようなものを混ぜると理解できないように思います。

なので私が稽古でやっていることは技を磨くということではなく、いかに「自分」というものを捨てきれるかを求めてやっているつもりでいます。

それでも中々出来ない(捨てきれない)ですからね。

 

大東流合気柔術 無限道場

道場長 竹内 研二

http://www.mugen-dojo.com/

https://www.facebook.com/aiki.mugen/

https://www.instagram.com/aiki_mugendojo/

にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA